×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰痛対策のストレッチ

腰痛対策のストレッチ(ムリをしない、バリスティックストレッチ以外は勢いをつけないというのがポイントです。継続して毎日行うことで、少しずつ体が柔らかくなるでしょう)と体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。継続することで健康維持に役立つでしょう)

腰痛対策と言えば、まず真っ先に思い浮かぶのが、腰痛対策の運動。それも、とくに腰の曲げ伸ばしに焦点を当てた、腰痛対策ストレッチですよね。椅子に座ったまま出来る軽い動作から、立って本格的に行なう動作まで、多種多様のストレッチングがあることでしょう。

腰痛対策を取り上げているブログやサイトでは、必ずといっていいほど登場するストレッチ。でもね、体操とストレッチ両方照会しているサイトやブログも、結構多いんですよね。腰痛対策のストレッチと、腰痛対策の体操の違いが分かればもうこっちのもの。今の自分の状態には、どちらの腰痛対策エクササイズが適しているのか、大体想定は付くでしょう。

当然、腰痛予防としてなら、そこそこ激しい動きも十分可能です。でも、もうすでに腰痛に悩まされているとすれば、悪化させありませんのでにも、やはり激しい腰痛対策は避けるべきでしょうね。ですので、当然の事ながら、ストレッチ(ムリをしない、バリスティックストレッチ以外は勢いをつけないというのがポイントです。継続して毎日行うことで、少しずつ体が柔らかくなるでしょう)をメインにした方がいい訳です。

ストレッチもなので、腰痛対策のストレッチがいいのかを、医師に相談して、そのまま続けてもいいのかどうかを検討する必要があります。もうすでに、激しい苦しみと闘っている方ともなると、事前にどんな腰痛対策のストレッチ(体の柔軟性を保つことで太りにくくなるといわれています)や体操(オリンピック選手の男子の衣装が微妙だと思うのは私だけでしょうか)に勤しんでいた母が、こんな事を言い出しました。

確かに、腰痛を予防したり改善する為に、まず正しい姿勢を心かける事が何より大事で、ただしい姿勢を作る事は、骨盤を調整する事になります。骨盤(骨髄移植の際には、腸骨や坐骨から骨髄液を採取するそうです)を調整すれば、血行が良くなり、体の代謝が上がりますから、当然腰痛対策になる訳ですが、ダイエットに繋がる可能性も大いに考えられるんですよね。この間、腰痛対策のストレッチ(体の柔軟性を保つことで太りにくくなるといわれています)をやっていたところ、ちょっと体重が落とせたのよね。

痩せたいと思っても中々痩せられないといわれていますが、腰痛を一度抱えてしまうと、何が何でも何とかしたいと思います。恐らく腰の苦しみは太っている事よりもずっと辛いはずですから、ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)は手抜きしても、腰痛対策は必死に頑張れるという人も多いのではないでしょうか。

その結果が、たまたま脂肪も燃焼させてくれていたというのが、うちの母の例なんだろうと、私は思っています。腰痛対策の体操やストレッチ(柔軟性が増す他、可動域が広がる効果もあるでしょう)は、さまざまなブログやサイトで紹介されていますから、皆さんも、是非一度、試してみられては如何ですか。